FC2ブログ

お盆繋がりで

先日

テレビで震災の番組をやっていましたね

時系列で、地震が起こってから
津波が襲ってくる恐ろしい様子が映されていました

その中で
奥さんと息子さんを
目の前で亡くされた男性の方が出ていらっしゃいました。
繋いだその手から津波が奪っていってしまったのだそうです。

その方は今、
娘さん2人と共に生きることを選ばれていました。

津波で何もかも流されてしまった中で
昔のビデオは残っていたらしく
その映像が映し出されていました。

変な話
…なのか
映像だけでも残っていて良かった、と思いました。

なんでかというと
少なからず、どれだけ大切でも
少しづつ忘れてしまう部分があると思うからです。
写真があれば姿形は確認できる
だけど、悲しいかな
声は
忘れてしまうのではないかと。

昔、なんでもなく撮った映像を
亡くなってしまってからしばらくして
発見して見ていた時
こんな声だっただろうか?と
記憶が少なからず欠けていた事に気づいてしまった。
恐ろしいと思ったのと同時に
とても愛おしく、動いている姿に悲しくなりもしましたが
こんな映像でも撮っておいてよかったと
思ったんです。
まぁ、人によってそうじゃないと思う人もいると思うんですが、
少なくとも私はそうでした。主観です。

お盆でお参りしようとしていたので
思いだして、繋げて考えておりました


あと、テレビを見ていて
平和ボケをしている事に
改めて気付かされました
人は
忘れていくから
生きていけるのだそうです。
忘れないと
辛すぎて死んじゃうから。
弱いような強いような生き物。

時に前を向いていかなければならない時
忘れる事が必要な事もあります

でも
忘れてはいけないのです。
〝恐ろしいのは考えない事ではなく、忘れてしまう事″

震災の事だけではありません

昨日の日記でも書きましたが
お盆にお迎えに行くという
昔ながらの風習。等々…
どんどんないがしろにされている気がします。
それ以外でも感謝の気持ちやら普段の生活に至るまで。
私もその一人だったわけですが
友人のおかげで大切なことに気づかされました。

~*~*~*~*~

大事な人が亡くなるのはとても哀しく辛い事
ちゃんと自分の気持ちが伝わってたかなんて
確認すらできない
帰ってこない答えをただひたすら待つ気持ちは
どうにもならなく 逃げたくなってしまう
でも生きてる人は生きていかなくちゃならない
亡くなった人は生き返らない。 戻れない。
だから出来る限り、
今生きている大事な人に対して
自分が後悔しないようにするしかないんだと思います。
どうあったって後悔はするんですもの。
何か行動するのとしないのとでは全然違う。
持論ですが。
残った者がどう生きていくかが大事なのではないかと。
もう一度
考えた、よいきっかけとなるお盆。
私に与えられた使命を
もう一度 考える。


…と、なんだか
つらつらと真面目に書いてしまいました…
チグハグだなー…++;
重くてスミマセン
スポンサーサイト



infomation
独自の世界観を持った アクセサリーを作っています。                                 私の物語があなたの物語になる。優しい風が吹きますように。                           ☆ ☆ ☆ ☆                             HPが出来ました。                                   &ブログ移行しました。                ☆ ☆ ☆                                                                  conoa・mico・fuccoの三人展                          Cococo.(コココテン)                    Facebookページ随時更新!                             twitterID : fuccosmiles

Kanako.fujitani

Author:Kanako.fujitani
fucco.のブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
FC2ブログランキング
fuccoも参加中!

FC2Blog Ranking

検索フォーム
アクセサリー・ガラスの     オーダー・ご相談はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR