FC2ブログ

「らしく」いること

先日、好きなアーティストのアルバムが発売になりました!

アクセサリーのデザイナーのブログだけど書きます!笑

それなりに理由はあるんですけどね^^;

そのアルバムっていうのは
AcidBlackCherryの『2012』てのなんですが…
このアルバムはコンセプトアルバムで、
簡素に書きますと、
世界終末時計、マヤ暦、を絡めた物語が描かれています。
(間違って伝わってたらごめんなさい。。)

※ここからかなり主観です。。
 クレームある方いらっしゃるかと思いますが、長いし!
 宜しければお読みください。。
 

JanneDaArcのボーカル・yasuさんのソロプロジェクトなわけですが、
この方のスタンスとか作るものがいつも私に力をくれるのです。
出来上がった作品やインタビューを読んでいると、

理屈っぽい所とか見えない所まで凝っちゃう所とか物語・ファンタジーみたいなものが好きな所とか、おちゃらけてるようで真面目に考えてたりする所とか、ネガティブな所とか…etc

ちょい似てるなーと思う所がよくあって。
そうすると、大変だろうなーと思う所もよくあって。
そんな人いっぱいいるんだろうけど、
「その気持ちわかる」が多くあります。。
だから、先行く人だしスケールの違いがあるけれど、
作品作りにおいて、自分と重ねて考える事が多くて。
そうすると、その状態に至るまで、
どうしてそうなったかって考えると
歌を歌う姿がとても励みになってるんです。

考え方とか作るものとか、葛藤とか、
いろいろひっくるめて
yasuさんがyasuさんらしくいることで
私には伝わってくるものがあるし、
いいなって思えるんだろうなって思います。

たぶんこれって誰しもに言えることで、
たまたま私はそれがyasuさんだったんですけど。


自分が自分らしくいる事の大切さ、そして難しさ。
前へ進む勇気。自分がすべき事。つたなくても伝えようとする事の大事さ、強さ。
それをこのアルバムを聴いて改めて思いました。
このアルバムからきっと震災をイメージしちゃう人はたくさんいるのだろうけど、
ご本人談、そうじゃなくて。私も震災の事だけだとは感じなくて(多分、私も世界終末時計みたいな話に興味があるからかな。人それぞれ違うんでしょうけど)。
もっと根本のところ。


その人が作ったものってどうしてもその人のカラーが出てくる。
一人の人間だからそれ以外(語弊なく言えば)のものは出てこない。
自分ていうフィルターをどうしても通って出ていくものだから。
作品てそういうもの、だと思います。
※あくまで持論です。
だからyasuさんがyasuさんらしくいてくれればそれでいいって
思うんです。思うというか願うというか。。
(色々大変なことはあってうまくは行かないんだろうけど。)
たぶん何も考えてない人なら、そう思わないけど、
今まで色んな記事とか見てて、
いろいろ考えて悩んでぶち当たったりしてるのであろう事を知ってるから、そう思う。

そのyasuカラーがきっと私は好きで。
(どれだけ違う場所にあっても、その人の作品が好きだと同じ作家さんてわかる。っていうのと同じ。)
帰り道にmico*ちゃんが作品作りにおけるもどかしさについて話していたんですが、
ふとyasuさんがyasuさんらしく作ったであろう事と同じように
micoちゃんもmicoちゃんらしくいれば、
すぐに結果は出なくとも大丈夫だと思ったので、伝えてみました。

自分らしくいれば
大丈夫だと。

今すぐに思うような結果は出なくても、
自分らしさがあればおのずと成長してらしさが花を開いていくと。
誰しもが通る道のり。
飛んでいくことなんて、滅多な事がない限り出来ないと思う。
それに、
どうあったってmicoちゃんはmicoちゃんの光を持っているから。

輝いていける。



そんな風に思えました。
それも、このアルバムを聞いていたのがきっかけ。
yasuさんを見ているとそう思えます。
あと、
人に伝える事、伝え方の大切さを教わります。
このアルバムはシングルがほとんどの構成ですが、
ほぼネタバレの中での物語作り(コンセプトアルバム)で、
この構成の仕方がすごく私は好きで、
ちゃんと伝わりやすくするために
パッケージ、ブックレット(物語が描かれています)、曲の構成、が
作られていて。
それって伝えようとしなければ、伝わらないもので
うまく伝わるもんでもないもので。
それが伝わってくるってすごいなって思いました。

アルバムの特典DVDを見て
沢山の観客の中歌っている姿をみて、
この沢山の人達が見守る中、歌い、パフォーマンスをするのって
すごいなぁって、プロなら当たり前なんだろうけど、
なんだか実感してしまって。
自分に置き換えたとき、それがすごく遠くて。
そりゃそーなんだけど。
フィールドは違えど、あそこまで行かなきゃ、と
恐れてはいけない。そう思いました。


・・・
と熱い気持ちを綴ってしまいました。
不愉快な方がいたら、ごめんなさい m(_ _;)m

でも、
そんな風に思える音楽に出会えて、
同じ時代にいれて、幸せだなって思います。

唄の力が笑顔を繋いでいくように
アクセサリーもそうでありたい。

J-WAVE LIVE!!

行ってきました!

110819_175141[1]

しかもタダで!
あ、
先週の金曜日です

遅っ 。。。

20組40名に当たるという
eプラスのライブモニターに
応募したら見事当選!!

…実際行ってみたら、
明らかに似たような方々が40人以上いたわけですが(笑)


出演者は
高橋優・三代目J soul Brothers・秦基弘・木村カエラ・RIP SLYME

MCはもちろん
いつもラジオで耳にする方たち
最近は聞いてなかったのですが、懐かしかったです!
ずっと純日本人だと思った方がハーフ顔でびっくりしました

残念ながら高橋優さんは最後の曲しか聞けなかったのですが…
三代目~は先日も見ましたが格好良かった!
ホントにどんどん上手くなっていく事に感動です
6Packの方々のお次は3Packだという秦さん
聞きたかった方の一人ですが
ほ~~~んとにうまい!
秦さんの声に水のように包み込まれて
ゆったりと光の差し込む海底から
明るい空を眺めているような気分になりました

木村カエラちゃんは奇跡のような方だと思いました
とにかく可愛い!声が高い!彼女は純粋なんですね~
発言といい妖精みたいでホントに彼女自体が奇跡だなー
と一緒に行った子と言っておりました

トリはRIP SLIME
ジャンル的には苦手なのですが
意外や意外…
気づいたらめっちゃはしゃいでました
所々プチダンスが入ったりパフォーマンスも楽しかったです

三代目~以外は初めての方たちでしたが
全員それぞれ違ってすっごく楽しかったです。

秦さんの歌を聞いて思いましたが
やっぱりその人その人に合った音楽を
自然と選び、紡いでいき、形になっていくのだと実感しました。
だからこれだけ違うものが出てくる。

そしてメジャーな曲をやってくれる
これありがたい
フェスの楽しさを味わってしまいました。。

40000人フリーライブ

先日名古屋のフリーライブですが
AcidBlackCherryというバンドのフリーライブでした
坂本真綾さんが好きでABCも好きってどんな人だろか。。。
ま、そんな趣味でございやす。
長いのでここからは興味のある方読んで下さいな..

東名阪で行われたフリーライブ。
なんと16万人が応募したらしいです!!
私は日程と名古屋に行きたかったので
名古屋のみに応募…当たってよかった~
名古屋《前半》の日記の通り
中部国際空港には開場ギリギリで到着
会場は臨時駐車場だけども空港から遠い!!
行列の中歩く事15分程。。。
P1030989_convert_20110729012311.jpg
なんか宗教みたい(笑)

会場はA~Dまで区画されてそれぞれ整理番号順に入場。
珍しくど真ん中当たりました
4万人いると入るのも大変。
太陽+アスファルトの照り返しがハンパない中
知らない方と助け合いで待ってました

開演時間がかなり押しての開演

yasuの『すいませんね~・・・
4万人もいると入るのに時間がかかっちゃって…
暑い中お待たせしちゃってすみませんでした。
みんな大丈夫??』
というお詫びから始まる
yasuさん髪の毛切ってましたvV
韓流ブームにのってません!と否定(笑
かわいかった

今回のサポートメンバーはAKIHIDEに変わり
大先輩MAD CAPSULE MARKETS 室姫氏!忙しいのね・・
SHUSEさん、YUKI、淳士さんはそのまま
AKIさんは特殊な音色を出す方なのですが
さすが、違和感なくうまかったです!

まさかの冬の幻からスタート!
新曲を含め、
”楽園”もやってくれました。これ好き!
最初の一拍づつずれてくのがいいんですよねぇ

今回かなり好きな選曲でした

名古屋は一番暑いらしく
yasu『名古屋だけ床がね…コンクリーツ!!!!』
とおっしゃってました(笑)
YUKI談ではそのためにサウナスーツを一週間着てリハしたんだとか
(淳士さんはいつも汗だくで死んじゃうので着ていなかったそうです)

曲中には
yasuさんが花道の周りを客席レベルまで降りて一周!
めっちゃ近くを通って行きました!

アンコールはまさかのアコースティック!
花道の先端にいたのでよくメンバーが見えました
”MARIA”や”この青空の向こうに”
を皆で歌いました
”MARIA”の合唱の部分
皆の声が聴こえて凄いよかったです
”この青空の向こうに”で淳士さんが最後にさりげなく
変な動きを見せたのを見逃しませんでした(笑)

***

ふと、yasuさんのほんのり夕日に照らされて歌っている横顔を見て
私も違う形で幸せを届けたい!
と思いました

なんとなく思ったことだけど、
そう思わせるyasuさんの姿に感動しました
皆がその姿勢に付いて行くんだなぁ

と、ここで発表
秋から連続でシングル発売決定~
第一弾”ピストル”の初お披露目でした
かっこいい!!

最後のアンコールはDRAGON CARNIVAL
で終了

終わったころにはすっかり日も落ちてきて
綺麗な夕日に

メンバーからの眺め
最高だったろうな~

P1030993_convert_20110729012151.jpg

ありがとうございました
フリーライブなのにボリューム満点!大満足でした
すんごい楽しかった~!

…と
ここで現実に戻って大慌てなのでした。。

黒色すみれさん

先日、浅草橋パラボリカビスにて
黒色すみれさんの演奏会を聴きに行きました
ずっと聞きたかったけど、タイミングが悪く、
今回初めて聞けました

女性お二人のユニットで、
ピアノとバイオリン、時にアコーディオン。
今まで聞いてきた音楽とはまた違う新しい、カテゴライズできないものでした。
クラシックよりも軽く、J-POPより軽くなく、
物語を読むように曲が紡がれていきます

可愛い見た目から想像出来ない歌声。
身近なオペラとでも言おうか。
ちょっとビックリ。うまっ!

お二人の様子は若干ピアノの先生と生徒のよう。。。笑

室内には彼女達のために描かれた作品達がずらり。
七戸優さんの絵が可愛かったです

fuccoの作者が黒色すみれさん、それに付随するものが好きなんて
誰も想像できなさそうだな。と考えてたら
共通して、いつも私の中にあるのは
   ”物語性”
なのだと気づきました。
基本、妄想の世界(笑)

好きなもの良いトコ取り。聞けてよかったです。今の私にちょうど良い音楽でした。

お次は今年最後になるかも?の
7月7日 吉祥寺マンダラ2だそうです
また聞きに行きたい

坂本真綾 You can't catch me !

先日6月4日は
坂本真綾さんのライブでしたmoblog_27cf4539.gif

もう もう 待ちに待ったこのライブ
とても楽しみにしていました。

私にとって、坂本真綾さんは中学の時に出会って以来、
とても特別な存在で。
真綾さんの歌声は本当に澄んでいて、
空を突き抜けて大空へ広がっていくような、
心の湖にふわぁぁーーっと溶けていくような、そんな世界と感覚をくれます。
他の誰も持っていない声。
真綾さんは私にとって憧れの存在なのです

念願のこのライブに参加できているのは、
一緒に行ったmちゃんのおかげでもあるのです。
本当にありがとう。

震災でなくなってたかもしれないこのライブ。
いろいろ考えて、沢山の事を言われたであろう中で、
やろうって決めてくれた事にホントに感謝しています。
真綾さんの今、自分に出来る事。歌を歌うことで伝えたい、元気を与えたい、
その姿勢に、その思いに
クリエーターとしても、応援する側が、出来る事がある人間が元気を出さないでどうするの!と
不安な中で前を向く事に気付いた事を覚えています。


ライブでは
オープニング映像が流れて
真綾さんのシルエットが見えて。。
もうその時点で涙が込み上げてきて

憧れの真綾さんに会えた!っていうのと初めて生で聴く歌声に
感動しすぎてもう嬉しくて、というか正直、正確な理由がわからない程
涙が止まりませんでした。
真綾さんがいろんな曲を歌っていく中、
特別な思いを持ってライブに挑んでいる、というのをひしひしと感じました。
彼女のまっすぐな言葉。思い。
すごいパワーとなってそれが皆に注がれていて。

何千人といる会場の人達にこれだけの力を与えるのは、どれほどの力を出しているんだろう。

ぐわぁぁぁああーーー!!っていう内からくる力
小指サイズに映る彼女から


あの会場にいた誰もが感じていた事でしょう。

私も
違う形で
こんな風に力を与えていかなきゃいけないんだと
歌を聴きながら、考えていました。

そこまで考えさせる力を持っている事も凄い事だと思いました。

人を想って出てくるパワーはものすごい力を持っていました。



で、
なんと!
出会いの曲 『 約束はいらない 』

をやってくれたのです!!
初めてのライブで聞けるなんて!運命としか思えませんでした
もうめちゃくちゃ嬉しかったです!!
またしても涙が。。。
中学生だったあの時…メルル(猫のキャラクター)が窓から夜空を眺めているシーンを思いだしました マニアックだな。。
私にとって縁のある特別な曲。耳コピして着信作った事もありました
ライブバージョンで間奏部分がスッゴくよかったです
そこからの静かなパートが本当に良くて
生の真綾さんの声に包まれて夜空まで飛べそうだった

最後に『ポケットを空にして』

よく口ずさみながら帰ったこの曲。
皆の声が届くように、聞こえるようにと、バンドの音量を下げてのバージョンでした。

これから2か所、北海道、仙台と周る真綾さんに
仙台までその光が、願いが届くようにと
力が届くように私も精一杯、歌いました。


楽しい時間もあっという間に終わって
力を与えて貰ったのに
何故かすごい脱力感。。。
最後で逆にパワーを与え返したのかもしれません(笑)もしくは泣き疲れ?(笑)

真綾さん、今日はありがとう。
生きて歌ってくれててありがとう。
心から感謝致します。

ここまで感動で泣きぱなしのライブは今までなかったです。

すごい力だ。
魔法になれるね



今まで好きなアーティストのライブは行ってきたのですが、
でも今回は明らかにそれとは違う何かがありました。
特別な思いがあったのはもちろん、それだけではない何か。
もちろん今まで聞いてきたアーティストには、それぞれの感動がありました。
当たり前ですが、その人達は大好きだけど、根本的に作り方とか曲が出て来る部分は自分とは違う所から来ているようなアーティストで。
でも真綾さんは同じ作り方のというか、大事なものが同じというか、失礼ながら、近い感覚を持っている人というかそういった感じを受けました。
きっとそれが大きな違いなのかな、と。
誰かを想う事が大きな力になるタイプなのかな。願いとか。
それで、これほどまでに感じるものが違うんだと実感しました。


この一日で沢山のことに気づけました
真綾さんと仲間のおかげです。


そうそう、
実はこの日、真綾さんにプレゼントを用意していたのです。
遅ればせながらの誕生日プレゼント
真綾さんが世界を繋げていく、真綾さんの歌で世界中に幸せを広げていく
そんなイメージで作りました。

真綾さんにの力になるように

願いが届きますように
真綾さんプレゼント 真綾さんプレゼント裏
infomation
独自の世界観を持った アクセサリーを作っています。                                 私の物語があなたの物語になる。優しい風が吹きますように。                           ☆ ☆ ☆ ☆                             HPが出来ました。                                   &ブログ移行しました。                ☆ ☆ ☆                                                                  conoa・mico・fuccoの三人展                          Cococo.(コココテン)                    Facebookページ随時更新!                             twitterID : fuccosmiles

Kanako.fujitani

Author:Kanako.fujitani
fucco.のブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
FC2ブログランキング
fuccoも参加中!

FC2Blog Ranking

検索フォーム
アクセサリー・ガラスの     オーダー・ご相談はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR